更年期障害の症状を軽くする?話題のエクオールサプリとは

腸内フローラはその日の食事、運動、気分などにより絶えず変動しています。それを良い方向にもっていくには、毎日の食事の中で納豆とエクオールの力を欠かすことができません
更年期障害の対策サプリとして注目です

 

腸内フローラの若返り

 

腸は脳と深い繋がりを持っているといわれ、健全な活動を保つためには腸内フローラが」元気でなくてはなりません。腸には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が600兆個も生息しているといわれ、その勢力は毎日の運動、ストレス、食事内容などにより激しく変動しているといわれます。腸内フローラを構成する細菌群の構成割合は、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割と言われていますが、善玉菌と悪玉菌の割合が逆転すると健康に大きな影響を与えます。悪玉菌と呼ばれる仲間には、ウェルシュ菌、病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などがありますが、こうした悪玉菌を増やすを増やす原因となるのは、毎日の食事の内容だといわれます。更年期サプリとして注目のエクオール

 

 

肉類、脂っこいもの、それに多量のアルコールがプラスされると悪玉菌が増え、肌荒れ、便秘、肩こり、老化などが進みます。こうした弊害を防ぐには食物繊維を多く含んだ、和食中心の食事が良いとされていますが、中でも中心的な役割を果たしているのが納豆です。これはは豆腐と並んで大豆製品の代表格ですが、この中に納豆菌と呼ばれる菌が含まれています。この菌は人の腸内で整腸作用があるといわれ、適度な摂取は、腸にとって有効な働きをしてくれます。またこの菌が腸内で生産する血栓溶解酵素ナットウキナーゼが血管を若々しく保ってくれる作用をします。こうした作用をするもととなる原料の大豆にはイソフラボンというものが含まれています。イソフラボンの中には、ダイゼン、クリシテイン、ゲニステインという3つの要素が含まれていて、このうちダイセンが腸内細菌によって代謝され、エクオール(以下エクと書きます)へと変化します。このエクはエストロゲンが足りないときに、肌や、骨、血管や脳などを守る作用を発揮するといわれます。また、エクには更年期症状を和らげる働きがあるといわれます。ある調査によると、更年期障害の重い人はエクの量が少なく、症状の軽い人はエクの量が多かったというデータがあります。こうしたことから、様々な病状を改善させる意味からも納豆の持つ力は非常に大きいものがあるといえます。エクオールを作れなくてもサプリで摂取できるので、更年期の方にはオススメ

 

納豆は腸を守るエース

 

大豆は日本人にとって最もポピュラーな食物ですが、実は日本人とって欠かすことのできない大事な食品なのです。大豆を原料として作られるものとしては、ナットウをはじめとして豆腐、味噌、醤油など様々で、豆をそのまま食べる枝豆は、ビールの季節には欠かせない存在です。値段が安く、大量に生産され、いつでもどこでも気軽に手に入る大豆はまさに庶民の味方です。大豆を沢山食べると体内でのエクの産生能力が高まるといいますからうれしい話です。ですがその大豆から体内で生産されるエクオールは、体内で作れる人と作れない人がいるといいますから少々厄介な話です。強い更年期障害に悩まされている女性が、これを改善しようとして大豆を常食にしても、エクが作られない人は、その恩恵を受けることができません。ただ全くダメというわけではなく、ゴボウ、玉ねぎなどと合わせて摂取すると、ある程度作られるといいますから、若干の望みはあります。しかしこれだけでは絶対量が確保できないので、どうしても必要な場合は、サプリに頼る道があります。最近はエクに対する関心が高まってきたこともあって、製薬会社でも、体内でエクを作れない人のためのサプリの開発をしています。すでに市販されているものもあり、ネットでも入手できるので、検索してみてください。ただ、いくら大豆を常食とし、毎日ナットウを食べても、普段の生活態度が良くないと効果は無くなってしまいます。効果をなくす主なものとしては喫煙、睡眠不足、飲酒、運動不足、ストレスなどが挙げられていますが、加齢によるものもあります。生活態度の改善、毎日の食事の改善はできても加齢はコントロールできません。加齢は誰にでも同じ速さでやってくるものですから、加齢に応じた食事のあり方も学ぶ必要があります。加齢対策の食事とは食べ過ぎないこと、肉類、油物はなるべく控え、海藻類、緑黄野菜、魚介類など和食本位の食事に切り替えることなどが大切です。また運動不足も加齢に拍車をかけるといいます。同じ年代でありながら見た目が全く違う人がいますが、運動不足によるところが大きいといわれます。更年期は色々な症状があります、軽い人、重い人はエクオールがあるのかないのかその関係性もあります。どちらにして更年期にはエクオールサプリを摂取してはどうでしょうか